一覧

  • HOME
  • 脳卒中と漢方薬

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳卒中と漢方薬

 

 

漢方薬は脳卒中後の症状で選ぶ

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬とは、

 

 

 

様々な作用を持った植物や動物、鉱物など

 

 

 

天然の素材を複数組み合わせて作られています。

 

 

 

 

 

 

 

体のバランスを整えたり、巡らすという考え方が基礎にあります。

 

 

 

病名に合わせて薬を選ぶのではなく、症状に対して使用するため、

 

 

 

「隣の人が効いたから、私も効く」とは限りません。

 

 

 

自分の体にあった漢方薬を選ぶことが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の体質にあった漢方薬の種類

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方では、体を構成しているものを大きく4つに分類します。

 

 

 

体を動かすエネルギーを「気」

 

 

 

血管中を巡る栄養分やその働きを「血」

 

 

 

体に必要な水分を「津液」

 

 

 

成長・育成などの生命エネルギーの源を「精」

 

 

 

4つの成分で構成されています。

 

 

 

 

 

 

 

これらが足りない、又は滞ったということになれば、

 

 

 

体に不調が生じます。

 

 

 

 

 

 

 

この不足と滞りを改善することが漢方の大きな目標になっています。

 

 

 

体に合う漢方を見つけるためには、

 

 

 

体の不調の原因と漢方薬の使用目標に

 

 

 

合っているかを考える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の不調はさまざま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の不調の原因が「気」の不足である場合、

 

 

 

疲れやすく、あまり動きたくないと感じる症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

「血」の不足の場合は、

 

 

 

肌の艶が無く貧血など、栄養不足を感じる症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

「津液」の不足の場合は、

 

 

 

肌や粘膜が乾燥しやすく、潤い不足を感じる症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

「精」の不足の場合は、

 

 

 

生育不足や尿トラブルなど、成長や加齢に関わる症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不足ではなく巡りが悪く滞りの症状もあります。

 

 

 

「気」が滞った場合は、

 

 

 

イライラしやすい、胸やお腹が張っているように感じる症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

「血」が滞った場合は、

 

 

 

クマやあざができやすく、血行不良を感じる症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

「津液」が滞った場合は、

 

 

 

むくみやすく、水分代謝が悪いと感じる症状が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの不調の原因に合わせて漢方処方を選ぶことが、

 

 

 

体質にピッタリの漢方処方を選ぶことになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違った漢方選びは、身体の症状を悪くすることがあります。

 

 

 

 

自分で判断して市販の漢方を飲まないようにしてくださいね。