一覧

  • HOME
  • 脳卒中の警告サイン!すぐに救急車を!

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳卒中の警告サイン!すぐに救急車を!

 

 

脳卒中の警告サイン

 

 

脳卒中の危険な症状。ご存知ですか?

 

 

 

下記のような症状が一つでもあったら、

 

 

 

脳神経外科や神経内科のある病院にかかってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中が疑われる危険な症状

 

 

 

 

 

 

・突然出現した顔、手足のしびれ、または脱力感。

 

 

 

特に右側の手足、あるいは左側の手足といった片側だけに起こった場合。

 

 

 

 

 

 

・突然出現した言葉の障害あるいは混乱症状。

 

 

 

舌がもつれた感じ、言いたいことが言えない、相手の言葉が理解できない。

 

 

 

 

 

 

・突然出現した片目、あるいは両目が見えない、見えにくくなる症状。

 

 

 

 

 

 

 

・突然出現しためまい、歩行障害。

 

 

 

 

 

 

・突然出現した原因不明の激しい頭痛。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中が疑われる突然の症状。救急車を!

 

 

 

 

下記の症状が突然起こったら、すぐに救急車を呼んでください。

 

 

 

 

 

・突然、手足がしびれたり、脱力感が出現した。

 

 

 

・突然、言いたいことが言えなくなったり、相手の言葉が理解できない。

 

 

 

・突然、目が見えなくなった。見えにくくなった。

 

 

 

・突然、めまいにおそわれたり、上手く歩けなくなった。

 

 

 

・突然、激しい頭痛におそわれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような突然の症状は本当に危険です。

 

 

 

40代の若い世代でも油断しないように。

 

 

 

体調の変化に注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中は早めの処置が大事

 

 

 

 

 

 

脳卒中は動かしたらいけない。

 

 

 

これは、大きな間違いです。

 

 

 

一刻でも早く専門病院での治療が必要です。

 

 

 

できる限り早く、治療を開始するほど、良いとされています。

 

 

 

 

 

 

 

特に、脳梗塞の場合は、発症してから数時間以内に治療を開始すれば、

 

 

 

症状を早期に回復させ、後遺症を最小限にくいとめることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

また上記のような症状が出現した後、数分間で回復したとしても

 

 

 

安心はできません。

 

 

 

一過性虚血発作と言って大きな脳梗塞の発作がおきる前触れであり、

 

 

 

重要な危険信号かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞の3つの「ヘン」

 

 

 

 

 

 

 

日本脳卒中協会では、

 

 

 

1.口がヘン!

 

 

 

2.言葉がヘン!

 

 

 

3.手がヘン!

 

 

 

この3つの「ヘン」な症状が突然現れたら、

 

 

 

脳梗塞のサインなので、すぐに救急車を呼んで、

 

 

 

病院へ行くことを推奨しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、忙しくて疲れているのかな?すぐにおさまったからいいか。

 

 

 

忙しさを理由に、自分のカラダのサインを見逃していることはありませんか。

 

 

 

自分のカラダの変化を見過ごさないでくださいね。