一覧

  • HOME
  • 喫煙は危険。脳卒中にならない自分での喫煙法!

健康づくりのために

健康づくりのために

喫煙は危険。脳卒中にならない自分での喫煙法!

 

 

 

タバコの値段が上がり、喫煙できる場所が少なくなり、

 

 

 

禁煙している人も多くなってきましたが、

 

 

 

そんな中、タバコがやめられない方もいます。

 

 

 

脳卒中を発症した方でもやめられない方も・・・。

 

 

 

なぜ、喫煙がいけないとされているのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喫煙は脳卒中と深く関係しています

 

 

 

 

 

 

 

喫煙は動脈硬化の原因の1つです。

 

 

 

そして、促進因子でもあります。

 

 

 

喫煙は脳卒中の発生や悪化を促進します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喫煙は血管を傷めて脳卒中を促進させます

 

 

 

 

 

 

 

喫煙すると、体内に吸収され循環している化学物質が

 

 

 

血管に作用し炎症を起こします。

 

 

 

そのため交感神経が緊張して血管の収縮も起こります。

 

 

 

また、軽度の一酸化中毒になるため、慢性的な酸素欠乏が生じます。

 

 

 

その代償のため体は血液を多く生産します。

 

 

 

血液が固まりやすい状態(血栓形成)が生まれます。

 

 

 

複合的な悪影響の結果、動脈内腔が狭くなって、

 

 

 

内部に目づまりが起こります。

 

 

 

血液の粘稠度、血栓形成性が増していってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコの煙は脳卒中に悪影響を及ぼす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコの煙には5300種類もの化学物質が含まれ

 

 

 

70種類の発がん物質も含まれています。

 

 

 

アンモニア - 悪臭・刺激臭

 

ホルムアルデヒド - シックハウス・塗料

 

トルエン - シンナーの主成分

 

フェノール - 殺虫剤の主成分

 

ベンゼン - ガソリンの主成分

 

シアン水素 - ねずみ駆除剤

 

 

 

自分たちが嫌だなと思う身の回りのにおい成分が含まれているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喫煙と脳卒中による死亡リスク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喫煙者の動脈硬化性疾患への悪影響は非喫煙者に比べて

 

 

 

心臓病死亡リスクは1.5~4倍

 

 

 

脳梗塞死亡リスクは2~3倍になります。

 

 

 

 

 

禁煙すると、脳卒中や心臓血管死の危険性を低下します。

 

 

 

4~5年で喫煙をされない方と同等の危険性になると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中にならない自分での正しい喫煙法とは

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中の治療と再発予防のため禁煙しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

① 減らす・軽くする・加熱式タバコへの変更はNG

 

 

 

 

 

②期日を決めて一気に禁煙を開始する

 

 

 

 

 

③一定の禁断症状は覚悟する(3~7日がヤマ)

 

 

 

 

 

④喫煙と結びつく生活パターンを変える

 

食後はすぐに席を立って歯みがき

 

コーヒーや飲酒を控える

 

朝のトイレ喫煙を洗顔にかえるなど

 

 

 

 

 

⑤吸いやすい「環境」を作らない

 

タバコ・ライター・灰皿は捨てる

 

喫煙場所や喫煙者に近づかない

 

タバコを買っていた場所に近づかない

 

3原則「捨てる・買わない・もらわない」

 

 

 

 

 

⑥吸いたくなったら「代わりの行動」

 

深呼吸・水や茶を飲む・体操・歯磨きなど

 

 

 

 

 

⑦再発は「1本だけ」から代わりの行動で対処

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコの煙は、喫煙者だけでなく、周りの人にも影響を及ぼします。

 

 

 

もう一度考えてみてくださいね。