一覧

  • HOME
  • たくさんの果物で脳卒中・心筋梗塞が予防できる!?

健康づくりのために

健康づくりのために

たくさんの果物で脳卒中・心筋梗塞が予防できる!?

 

 

 

 

健康を害する生活習慣として最も影響が大きいのは「喫煙」ということは、

 

 

 

 

よく知られていますが、2番目にくるのが「食塩の過剰摂取」と知っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

食塩→高血圧→動脈硬化→脳卒中・心筋梗塞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食塩(ナトリウム)を過剰に摂取すると、血圧が上昇します。

 

 

 

 

高血圧の状態が長く続くと動脈硬化が進行し、

 

 

 

 

脳卒中や心筋梗塞などの「致命的な疾患」に至るリスクが極めて高くなります。

 

 

 

 

 

そのため、食塩の摂り過ぎに気をつけている人は多いはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、日本人の食事には、食塩以外にも、

 

 

 

 

みそ・しょうゆ・などの調味料や漬物・干物といった

 

 

 

 

「食塩の過剰摂取」につながる食品が欠かせず、

 

 

 

 

これらの食品を極端に減らすと食事が味気なくなり、

 

 

 

 

食欲そのものが低下してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリウムが血圧をコントロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナトリウムの摂取が減らせないなら、カリウムの積極的な摂取を。

 

 

 

 

 

 

ナトリウムの摂取量÷カリウムの摂取量。

 

 

 

 

 

 

この比率が血圧上昇に大きな影響を与えていることが分かっています。

 

 

 

 

 

 

この比率が小さいほど血圧が上昇しにくいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ナトリウムの摂取量が減らせないのであれば、

 

 

 

 

 

カリウムの摂取量を増やせばいいことになります。

 

 

 

 

 

 

 

逆に、ナトリウムの摂取量が減っても、

 

 

 

 

 

カリウムの摂取量が減ってしまったら、血圧の上昇しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩分を減らせなければカリウムを増やす。

 

 

 

 

 

カリウムは野菜や果物に多く含まれています。

 

 

 

 

魚や肉にも含まれていますが、ナトリウムも多く含まれるため、

 

 

 

血圧が低くなりにくいです。

 

 

 

 

 

野菜を1日350g食べるのは難しいですが、

 

 

 

果物を加えると手軽に摂取出来ます。

 

 

 

 

 

 

果物はキウイフルーツやリンゴ、ナシ、カキがおすすめです。

 

 

 

バナナはカリウムが豊富だが、繊維が少なくショ糖が多いため

 

 

 

血糖値が上がりやすくなります。

 

 

 

牛乳やチーズでカリウムを摂取するのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナトリウムを減らせなければ、果物をとって血圧コントロールを!

 

 

 

毎日の食生活を見直して工夫してみましょう!