一覧

  • HOME
  • 脳卒中予防のための食事とは?

健康づくりのために

健康づくりのために

脳卒中予防のための食事とは?

脳卒中予防のための食事とは?

 

 

脳血管疾患とは、脳の血管のトラブルによって脳細胞が壊れてしまう事の総称を指します。厚生労働省の平成27年人口動態統計によると、脳血管疾患は死因第4位となっています。脳血管疾患の危険因子として、肥満によるメタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病、脂質異常症などが挙げられます。脳血管疾患を予防するためには、基礎疾患の治療、食事、運動、喫煙、過度な飲酒などの改善を行うことが大切です。その中でも、私たちが必ず毎日摂る食事はとても重要になります。

 

 

 

 

脳卒中を予防する食事はどんなものがいいの?

 

 

 

バランスの良い食事を摂る

 

 

バランスの良い食事とは、食事摂取基準2015年によると一日の摂取カロリーに対して炭水化物60%、脂質20~25%、タンパク質15~25%と言われています。食べ過ぎは控えて腹八分目を心掛けて食事を摂りましょう。

 

 

 

食塩を摂りすぎない

 

食塩の過剰摂取は脳卒中の原因となる、高血圧を招く恐れがあります。食塩は加工食品や調味料などに多く含まれています。一日の摂取量を守りましょう。(成人男性9g/日未満、成人女性7.5g/日未満)

 

 

アルコール

 

多量の飲酒は肥満は肥満、脂質異常症、高血圧、糖尿病のリスクとなります。(純アルコール20gは動脈硬化のリスクを軽減すると言われていますが、多飲料は控えましょう)

 

 

 

 

甘いものや、過剰な糖質

 

糖質の過剰摂取は肥満につながるだけではなく、血管を傷つけてしまいます。糖尿病や動脈硬化のリスクを高めるため注意が必要です。

 

 

脳卒中予防になる食べ物

 

 

青魚

 

鯖、鯵、鰯、秋刀魚などの青魚には、DHAやEPAは血栓予防に効果的で血液をサラサラにします。また、コレステロールを下げる役割もあります。脳卒中予防には打ってつけな食材です。

さんま サンマ 魚 秋刀魚 炭火 焼き 居酒屋 料理 海鮮 秋 味覚

 

 

野菜

 

緑黄色野菜には、抗酸化作用があります。動脈硬化を予防するのに効果的です。

 

 

 

 

海藻類

 

コレステロールや中性脂肪を吸着して便と一緒に体の外に排出してくれます。血圧を下げる効果もありますので、高血圧にはおススメです。

 

 

 

大豆

 

大豆には、マグネシウムとカリウムを多く含みます。マグネシウムは筋肉と血管の収縮を防ぎ、血液が固まるのを固まりすぎないように保つ役割があります。

 

煮物 収穫 実り 晩秋 保存食 穀物 飲食 無人 屋内 笊 ザル 複数 食べ物 食物 豆 健康 美容 栄養 たんぱく質 タンパク質 蛋白質 料理 調理 食事 クッキング 食品 食 農作物 畑作物 五穀 植物 被子植物 真正双子葉植物 バラ類 マメ類 マメ目 マメ科 マメ亜科 ダイズ属 ダイズ 大豆 だいず 粒 原料 原材料 薬用植物 イソフラボン 豆まき 製油 飼料 白背景 白バック 節分 プロテイン 丸大豆 接写 腸内環境 ダイエット 和食 秋 旬 食材 秋の食材