一覧

  • HOME
  • 脳卒中の前兆とは?これらがみられたらすぐ救急車を!

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳卒中の前兆とは?これらがみられたらすぐ救急車を!

脳卒中の前兆を示す症状とは?

 

 

 今回のテーマは、脳卒中の前兆を示す症状をお伝えします。脳卒中になりやすい人の特徴として、高血圧、糖尿病など様々な原因があります。食事内容が欧米よりになった事も脳卒中が増加してきた原因だと考えられています。今現代では、誰しもがなる可能性があるという事を知っておかなければなりません。

 

 

 脳卒中の早期治療は、とても重要で症状や回復の程度に大きく影響してきます。つまり、脳卒中の治療では時間が勝負なのです!これからお伝えする症状が確認されたらすぐに救急車を呼んでください。一人で車で病院に向かうなどは事故などの危険性があるので、どうしても車で病院まで行かれる時には、ご家族さんの運転で行きましょう。まず、第一選択は救急車を呼ぶことを覚えておいて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然これらの症状が生じたら脳卒中の疑い

 

☑突然、顔や手足に痺れが生じたり、脱力感が生じた。

 

☑突然、言いたいことが言えなくなったり、相手の言っていることが分からなくなった。

 

☑突然、目が見えずらくなった。あるいは見えなくなった。

 

☑突然、眩暈が出現して上手く歩けなくなった。

 

☑突然、激しい頭痛に襲われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、これらの症状が確認されたら迷わずに119番に電話して救急車を呼んでください。一刻も早く専門機関での治療が必要となります。明日になったら良くなっているだろうと安易に考えてはいけません。明日、あなたの手は動かなくなっているかもしれないのだから。特に脳梗塞の場合は、発症から数時間の間に脳に詰まった血栓を溶かす薬を投与すれば、後遺症を最小限に留めることもできます。すぐに症状が軽減しても安心してはいけません。脳梗塞の種類には、一時的に脳梗塞の症状が出現する一過性脳虚血性発作というものがあります。これは、大きな脳梗塞が起きる前兆でもあるのですぐに専門機関の受診をして下さい。また、家族にもこれらの症状が見られたら直ちに119番を!迷っている時間はありません。その時間の間に脳細胞は死滅していきます。

 

 

 

 

 

 

今回は、脳卒中の前兆についてでした。いかがでしたでしょうか?皆さんも他人事とは思わず覚えておいてくださいね。迷ったら119番ですよ