一覧

  • HOME
  • 「リハビリしたいけど週1回しか来れない」と思っている方へ

利用者さんの声

利用者さんの声

「リハビリしたいけど週1回しか来れない」と思っている方へ

ケンリハでは脳梗塞などの後遺症に悩まれている方に数多くご利用頂いております。

 

 

 

今回は60日間回復基本プログラム(週1回コース)をご利用中の方にインタビューしました。

 

 

 

回復基本プログラムご利用中の感想、

 

 

 

週1回コース利用。自宅でのセルフトレーニングなど

 

 

 

ご利用者様のG様(仮)と、ご友人の方にお聞きしました。

 

 

 

ご協力ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氏名 G様(仮)
性別 男性
疾患 脳梗塞
症状 右片麻痺
発症からの期間 3ヶ月未満/脳卒中3回目
利用プログラム 60日間回復基本プログラム(週1コース)
お住まい 愛知県内
交通手段
利用状況 回復基本プログラム

(全8回コース)前半終了

 

現在プログラム後半利用中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中リハビリインタビュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ「まず初めに、お問い合わせを頂いた、ご友人の方にお聞きします。お問い合わせいただいたきっかけを教えてもらえますか。」

 

 

 

友人「3度目の脳卒中をおこしちゃって。やっぱり3回目は以前よりも車の運転もしにくくなってしまい、これではいかん。年齢も、まだ70そこそこで、仕事もやらなきゃいけないですし。会社の人たちにもネットで調べたらと言われました。リハビリができるところを調べていたら、ケンリハが目にとまって新聞記事にも載っていたと会社の人にも相談しました。1回行ってみるにかぎる。何でもトライしなくては。と思い問い合わせしました。なにかできることをやってみよう。とりあえず行ってみようと思い来てみました。」

 

 

 

スタッフ「インターネットだけでは、よくわかりませんよね。」

 

 

 

友人「実際に特別体験プログラムをしているところを見て、リハビリの内容も施設やスタッフの様子もよくわかりました。まずは実際に来てみて良かったです。」

 

 

 

スタッフ「G様が特別体験プログラムをうけているところを見て、ご友人の方は、どんなリハビリを期待していましたか。」

 

 

 

友人「やっぱり、以前のように車の運転をさせたかった。むせずに、ご飯も食べるようにさせたかった。歩かなきゃいけないし、犬がいるから散歩も連れてかなければいけない。少しでも前の体の状態に戻したいという思いでしたね。」

 

 

 

スタッフ「では次にG様にお聞きします。どのような症状が気になっていましたか。」

 

 

 

G様「仕事でワープロをしなければならないが指が上手く動かないし指先に痺れもあるから前より打つのが遅くなった。むせることが多く言葉もしゃべりにくい。歩きも遅くてふらつく。家の近くは運転できるけど前のようにはいかないことが気になってたね。」

 

 

 

スタッフ「G様、特別体験プログラム3回を受けていただきましたね。受けた感想を教えてください。」

 

 

 

G様「初めの特別体験プログラムですぐにはわからなかったが、プログラムを3回受けてみて、もうちょっと続けてみたい。頑張ってみたいと思ったよ。」

 

 

 

友人「Gさんは、嫌だったら、もう僕はいいからって来ないですね。1回2回続けてみて頑張ってみようという気持ちになったみたいです。」

 

 

 

 

 

 

特別体験プログラム3回は体験プログラムを利用して、もう少し当ステーションのリハビリを体験したい、3回でのリハビリ効果を体感したい方にオススメしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

G様は、お仕事をされていることもあって、60日間回復基本プログラム(週1回コース)をご利用いただいています。

 

 

 

 

 

 

スタッフ「ご友人の方は、いつもリハビリの様子を見ていただいていますね。感想を聞かせていただけますか。」

 

 

 

友人「まず、以前に比べて動作が速くなりましたね。上の服を下からめくって脱ぐのがスムーズになったし、靴下をはくにも足が上がらないから手がとどかなかったが、今は足が上がりスッとはけています。ズボンも立ってはくと体がグラグラして難しかったが、今は立ってズボンをはいていた。これもリハビリの効果だと思っています。」

 

 

 

スタッフ「G様、リハビリをする前に比べて今はどうですか。」

 

 

 

G様「前は家の近くだけの運転だったが、今はここまで自分で運転してくるよ。家から30分ぐらいかな。犬の散歩も毎日つれてくよ。朝は白米を食べて昼は会社に届く弁当を食べる。むせることが少なくなって、しゃべるのがだいぶいいね。全体的に前よりいいよ。」

 

 

 

スタッフ「今日はむせることがなかったですね。声もよくでています。」

 

 

 

友人「以前はしゃべりだしに時間がかかっていました。今はすぐに返事が返ってくる。そこが違いますね。それによく笑うようになりました。」

 

 

 

スタッフ「G様今日はリハビリ中もずっと笑顔でしたね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60日間回復基本プログラム(週1回コース)はご自宅でのセルフトレーニングをきちんとしっかりしていただく前提でオススメしています。

 

 

 

 

 

 

スタッフ「ご自宅で行っているセルフトレーニングの調子はどうですか。」

 

 

 

G様「毎日、朝昼晩。10回ずつトレーニングしてるよ。手を伸ばす方向や角度、足のどこに力が入っているのか意識しながらゆっくりしているよ。たくさんの回数はしてないけどね。」

 

 

 

スタッフ「ご友人の方は、セルフトレーニングの様子を見ていていかがですか。」

 

 

 

友人「Gさんのセルフトレーニングを見ていると、教わった注意点、例えば『頭が上がらないように』と言われたところを意識しながらやっています。でもやっぱり難しい部分もあるようです。歩かなければいけないと、散歩にも行って距離も増えているようです。初めは、やらなきゃいけないと思いやっていたようだけど、やれるようになってくると、やりやすいのか、毎日トレーニングをしています。私なら三日坊主ですが、Gさんは自分からしているから、すごいな。真面目だなと感心しています。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ「ご友人の方は運転も心配されていましたね。」

 

 

 

友人「初めの特別体験プログラムは、ここまで来るのが心配でしたので電車できました。最初のころは、隣に一緒に乗っていても車が左側に寄りがちでした。今は普通に左側に寄らず運転しています。これもリハビリの成果かな。病気をすると感覚も鈍ってしまうのでしょうかね。」

 

 

 

スタッフ「車の運転は大丈夫ですか?」

 

 

 

Gさん「前は自分でも気がつかないうちに車が左側に寄っていた。ここでバランスのリハビリをするようになったからか、隣に一緒に乗っている友人に、あまり注意されなくなったよ。」

 

 

 

スタッフ「ご友人の方は、いつもリハビリの様子を見てくださっていますね。」

 

 

 

友人「一緒にここへ来てリハビリの様子を見て、自分が何か言ってあげると、リハビリの効果がまた違うと思っています。」

 

 

 

スタッフ「G様も心強いですね。」

 

 

 

友人「いろいろなことができるようになってきて、カラダもらくになって。服もきれるようになって。靴下もはけるようになって。車の運転もできて。まだまだリハビリもやって。もっとラクに前のように出来るようになってほしいな。」

 

 

 

スタッフ「これからの目標はありますか。」

 

 

 

G様「ゴルフをやりたいな。病気になる前は、月2回ゴルフに行っていたよ。今はみんなに迷惑をかけてしまうから、友達も誘ってくれるけど行けないね。」

 

 

 

スタッフ「お友達も待っていると思います。ゴルフに行きたいですね。私も是非ご一緒にラウンドさせてくださいね。」

 

 

 

スタッフ「今回は、いろいろお話を聞かせて頂き、ありがとうございます。これからも一緒に頑張りましょう。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼しているご友人の方のアドバイスや意見は、G様がリハビリで得ている感覚を更に深め、理解も良くなり、リハビリ効果を上げていると私達も感じています。

 

 

 

G様が自分のことを上手く言葉で伝えることができないことを、ご友人の方は心配されて、今回のインタビューもG様の思いを代弁してくださいました。そして、ご友人の方が感じているG様の変化もお話くださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

担当理学療法士からのコメント

 

 

普段から体を動かしたり自主的に散歩や運動を行っているとのことでしたので、効果的なセルフトレーニングが実施出来るのであれば、週1回の利用でも十分な効果が得られます。

今回のG様の場合ですと、筋力強化を目的とした運動を以前までは行っていたようでしたが、体の硬さがあり目的の運動が難しい状態でした。そのため、まずは体の柔軟性を確保できるようなストレッチと、左右への体重移動を覚えてもらうセルフトレーニングを指導しました。

力任せの体の使い方から体重移動を意識した体の使い方が少しづつ身についている印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当鍼灸師からのコメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて特別体験プログラムをご利用の時は、お身体の傾きがあり歩きや立ち上がりが不安定でした。横向きで寝ると咳き込むので鍼灸をするときの姿勢も工夫しながらさせて頂きました。当施設まで、ご自分で運転されて来られるので心配していました。

 

 

 

Gさんは初回の時からセルフトレーニングもしっかりされていて徐々にふらつきが減り、お身体の安定が出てきて、咳き込みも少なくなってきました。

 

 

 

鍼灸は初めてと言っていましたが初回から抵抗もなかったように思います。お顔や喉周辺、背中・首肩など鍼灸をしています。最近は笑顔でたくさんお話をしてくださり嬉しく思います。

 

 

 

これからは気になさっている手の痺れと指の動き、もう少しスムーズに歩くことを目標に一緒に頑張っていきたいと思っています。お友達とゴルフに行けるように頑張りましょうね。宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快くインタビュー引き受けてくださり、貴重なご意見をお聞かせくださり、Gさんとご友人の方に心より感謝しております。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このブログを読んで興味を持って頂いた方

 

気にはなっていたが一歩踏み出す勇気がなかった方

 

 

無料にてカウンセリングを開催しております。

 

特別体験プログラムは本利用時さながらの

 

鍼灸施術とリハビリを受けることができます。

 

 

いつでもご連絡お待ちしております。

 

ご気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

お電話でのお問合せ

 

⇒052-433-3302

 

 

 

メールでのお問合せ

 

⇒お問合せフォーム

 

 

 

特別体験プログラムを申し込む

 

特別体験プログラム申込みフォーム

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

他のご利用者様のインタビュー記事はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

E様 脳梗塞/女性/発症後3年/左片麻痺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

D様 脳梗塞/男性/発症後1年半/右片麻痺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C様 脳梗塞/男性/発症後半年/右片麻痺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A様 脳出血/女性/発症後半年/左片麻痺