一覧

  • HOME
  • 短期集中プログラムの利用をお考えの方へ

利用者さんの声

利用者さんの声

短期集中プログラムの利用をお考えの方へ

突然ですが、みなさん短期集中プログラムをご存知でしょうか?

簡単に言いますと、短期集中プログラムとは、リハビリに通う事が出来ない方のために考えたプランであり、短い期間で集中的にリハビリが行えるプログラムです。

現在ご利用いただいている方の大多数が愛知県三重県岐阜県などの通ってこれる方です。

しかし有難いことに、遠方の方からもお問合せ頂くことがあります。

そこで今回は、この短期集中プログラムを実際にご利用いただいた方を例に、短期集中プログラムをご紹介したいと思います。

 

氏名 F様(仮)
年齢/性別 40歳代男性
疾患 脳出血(被殻出血)
症状 左片麻痺/構音障害/半側空間無視
発症からの期間 約1年4カ月前
利用プログラム 短期集中プログラム
お住まい 広島県
目標 自動車の運転、社会復帰など
リハビリ目標 杖や装具なしで歩けるようになりたい、外でも歩けるようになりたい

 

 

 

今回の利用したプランはコチラです

 

利用プログラム 短期集中プログラム
実施期間 4/11~4/16の間で計5日間実施(特別体験プログラム含む)
実施時間 一回あたり3時間
宿泊先からの送迎 あり

 

 

 

 

 

 

 

カウンセリング&特別体験プログラム

まず、カウンセリングを含めた特別体験プログラムを受けて頂きます。

これは普段の基本プログラムとは変わりありません。

ご利用いただく前には必ず、「今どんな状況なのか」「何に困っているのか」「リハビリによって何を解決したいのか」など細かく聴取します。

ご利用になる方の「思い」を汲んだリハビリとなるよう、綿密に情報を整理していきます。

特別体験プログラムを受けて頂き、実際にご利用頂けることとなりましたら、ご利用者様の目標、滞在日数、症状に合わせて最も効果が期待できるプログラムをご提案いたします。

今回F様は、1日3時間の鍼灸とトレーニングを4日間実施する短期集中プランとしました。

もちろん事前に日数や一日当たりの時間の希望がある場合は、事前にお伝え頂ければそれを踏まえた最適なプランをご提示いたします。

 

 

 

 

 

 

宿泊先ホテルも紹介します

当ステーションの近隣には宿泊施設が多数混在しております。ご希望があればいくつかホテルの案内も出来ます。

今回のF様は、車いすでお越しとのことでしたので、当ステーションから近いバリアフリー対応のホテルをご紹介しました。

ご利用いただく方の状況に応じてご紹介いたします。ご不明な点など御座いましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

さらにはホテルとの送迎も

車椅子でも通れる道をご案内させて頂きますので、名古屋に初めてお越しになる方も大丈夫ですよ。

ご案内の最中に名古屋名物や観光スポットなんかもお伝えしちゃいます。

 

 

 

 

 

 

短期集中プログラム

F様の目標は、社会復帰をすること。自動車の運転が出来るようになることでした。

そのため、4日間ではこれらの目標に必要な筋肉の柔軟性や麻痺側の強化を中心に行いました。

社会復帰をするためには、自分の力で安定して歩く機能が必要です。

また、自動車を運転するためにも筋肉の柔軟性は切っても切り離せません。

 

 

正しい姿勢を学習

 

良い姿勢で座ることは、次行う動作がしやすい姿勢を指します。そのため、歩きや立ち上がり動作などにとても影響します。

F様も1日の中で車椅子に座っている時間が長いとの事ですので、良い姿勢の学習を頭と体に染み込むまで行います。

普段、使ってない筋肉を使っているので、これだけでも非常に疲れてしまうんです。

 

 

 

 

鍼灸施術

血液の循環や筋肉の固さがみられるところには、鍼灸を行います。

鍼灸の施術を受けることが初めてでとても不安がっていたFさんも当ステーションの鍼灸師のカウンセリングにてスムーズに行うことが出来ました。なので、鍼灸の施術が初めて方もご安心くださいね。

写真は、鍼に電極を繋げて筋肉に電気刺激を入れています。話だけ聞くとビックリしますよね。働きずらくなっていた筋肉が働きやすくなる効果が期待できます。

 

 

 

 

 

 

リハビリと鍼灸を同時に行うことでより効果的に

 

当ステーションの大きな特徴は、鍼灸とリハビリを別々に行うのではなく、同時に行います。

鍼灸で動きやすくなった体を動きの中で使えるように、リハビリでトレーニングや運動学習を行います。

これによって、利用者様の変化にも柔軟に対応することが出来るため、質の高い治療が可能となります。

 

 

 

 

 

 

短期集中プラン4日間での変化

歩きでは、麻痺している足で支える時間が増えてきました。そのため、歩きにリズムが生まれ一歩も大きく出せるようになってきています。F様も歩くときに左に(麻痺側)体重が乗るようになってきたとおっしゃっていました。麻痺側に体重が乗るようになってくると筋肉の働きも増えてきます。目標としている歩きには、麻痺している足で体を支える筋力や柔軟性は今後もより必要になりますので、ご自宅で行えるセルフトレーニングを提案して頂きました。

 

 

 

 

 

 

ご自宅でのセルフトレーニングや生活指導

短期集中プランが終了したらどうなるの?

遠方からお越し頂いた方はとても気になるところだと思います。

当ステーションでは、ご利用後のフォローアップがありますのでご安心下さい。

具体的には、短期集中プログラムで改善した機能をご自宅でも維持することが出来るようにセルフトレーニングを指導します。

ご希望があれば、トレーニング内容を確認できる動画もお渡ししておりますので、自宅でも質を落とさずにトレーニングを行うことが出来ます。

 

 

ご自宅で行える自主訓練をご指導させて頂きました。

当ステーション在籍している理学療法士が利用者様に最も効果が期待できるプログラムを提供しております。

少しでもご利用させる方が自信を持ってご自宅で生活できるようにサポートさせて頂きますので、ご安心下さい。

最後まで記事を読んで頂き誠に有難うごさいます。少しでも気になった方やご質問御座いましたら、お気軽にケンリハ脳卒中回復ステーションまでお電話して下さいませ。