一覧

  • HOME
  • 1日3杯のコーヒーが脳卒中に効果的!

健康づくりのために

健康づくりのために

1日3杯のコーヒーが脳卒中に効果的!

 

 

 

 

「コーヒーはお好きですか?」

 

 

 

 

「1日何杯飲みますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

私はコーヒーが大好きで1日に4杯ぐらい飲んでしまいます。

 

 

 

飲み過ぎでカラダに良くないと思っていましたが・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーが脳や血管に良い影響を与え、心筋梗塞や脳卒中などの

 

 

 

 

リスクが低下すると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーには健康に良いとされる

 

 

 

 

「カフェイン」と「クロロゲン酸」が含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェインの脳や血管への効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェインには血管の拡張作用があります。

 

 

 

 

血管の拡張作用は、血液の流れをよくし、

 

 

 

 

血液をろ過してきれいにする腎臓の働きをよくしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェインは胃酸の分泌を促進し消化をよくする働きもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロロゲン酸の血管への効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロロゲン酸は赤ワインにも入っているポリフェノールの一種です。

 

 

 

 

抗酸化作用があり、血管を酸化から守り硬くなるのを防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳や血管によいコーヒーの飲み方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中や心筋梗塞のリスクを減らすのに良い

 

 

 

 

 

1日に飲むコーヒーの量はコーヒーカップ3~4杯。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーを飲まない人に比べると脳血管疾患や心疾患のリスクが低く

 

 

 

 

しかし5杯以上飲むと、飲まない人よりリスクが高くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血糖の急上昇を防ぐ食前コーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロロゲン酸は血液中の糖の吸収を和らげたり、

 

 

 

 

脂質の代謝を促進します。

 

 

 

 

 

 

 

 

食事に含まれる糖や脂質は、胃や腸から血管に吸収され、

 

 

 

 

量が多すぎると血糖値を急上昇させ、血管にダメージを与えます。

 

 

 

 

 

 

 

クロロゲン酸は胃や腸でも糖や脂質が吸収されるのを防ぐので、

 

 

 

 

食前にコーヒーを飲めば血糖値の急上昇を防ぐことが期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血糖値を抑えるコーヒーの時間帯は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝飲むと1日を通して血糖値の上昇を抑えることができます。

 

 

 

 

朝の食事前に飲むといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

カフェインの効力は30分後に効き初めて、3時間後にピークとなり、

 

 

 

その後は落ちていきます。

 

 

 

 

快適な睡眠をとるためには4時間前までに。

 

 

 

 

目を覚ますために飲むなら30分前に飲むといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症のリスクも下げるコーヒー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロロゲン酸はアルツハイマー病の原因となるアミロイドβが

 

 

 

 

たまるのを阻止してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

1日3杯~5杯のコーヒーを飲んで、認知症の発症リスクが

 

 

 

 

クロロゲン酸の働きにより65%低下したという研究結果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血管には良いのはブラック?豆乳?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂糖を入れると急激に血糖値が上がるため血管を傷つけてしまいます。

 

 

 

 

血管のことを考えるとブラックがいいですが、胃があれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメは豆乳です!

 

 

 

 

豆乳には抗酸化作用のあるポリフェノールの一種イソフラボンが

 

 

 

 

含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

・血管を広げるカフェイン

 

 

 

・抗酸化作用のあるクロロゲン酸

 

 

 

 

・抗酸化作用のあるイソフラボン

 

 

 

 

3つの効果で血管を強くしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日3杯~4杯のコーヒーを飲むと脳卒中や心筋梗塞のリスクが減る。

 

 

 

 

食事の前に飲むと血糖値の上昇を抑える。

 

 

 

 

ブラックか豆乳を入れて飲むと血管を老けさせない。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒー好きにとっては、コーヒーが体にいいなんて嬉しい話です。

 

 

 

 

せっかく飲むなら、より効果的にの飲みたいですね。