一覧

  • HOME
  • チョコレートやコーヒーが脳卒中の予防に良い?!

健康づくりのために

健康づくりのために

チョコレートやコーヒーが脳卒中の予防に良い?!

 

 

 

 

 

病気にならないように、肥満にならないように、血圧・血糖値が気になって

 

 

 

 

バランスの良い食事を心がけている。お菓子を食べないようにしている。

 

 

 

 

とても良いことだと思います。

 

 

 

 

しかし、時には、甘い物が食べたくて我慢できないこともありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートを適度に食べると脳卒中の発症が減ることを知ってますか?

 

 

 

 

スウェーデンの研究であきらかになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

約3万7000人を対象にした調査は、

 

 

 

 

チョコレートを多く食べる人たちで脳卒中リスクは17~19%低下する

 

 

 

 

という結果になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートが脳卒中リスクを減少!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコレートに含まれるフラボノイドには、

 

 

 

 

抗酸化作用や血栓や炎症を予防する作用があります。

 

 

 

 

動脈硬化や心臓・血管の病気に対して予防的に働くとみられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

悪玉のLDLコレステロールの血中濃度を低下させる作用があり、

 

 

 

 

血圧を下げるとも言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

フラボノイドは、赤ワイン・緑茶にも含まれています。

 

 

 

 

喫煙率が高いにもかかわらず、虚血性心疾患が少ないのは、

 

 

 

 

緑茶に含まれるカテキンによるものではないかと考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、カカオポリフェノールが脳細胞を作るのを助けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナッツが血圧・血糖をコントロールする!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナッツには不飽和脂肪酸が多く含まれています。

 

 

 

 

不飽和脂肪酸には、悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪を減らし、

 

 

 

 

動脈硬化を防ぐ作用があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナッツには、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどのミネラル類、

 

 

 

 

食物繊維、フィトケミカル、ビタミンEや葉酸といったビタミン類も

 

 

 

 

含まれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ナッツが血糖や血圧のコントロール、脂肪代謝の改善、血管機能の改善、

 

 

 

 

炎症の抑制などと関連しているとカルフォルニア大学サンフランシスコ

 

 

 

 

医学部の教授が発表しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ナッツには脳を活性化させるレシチンも含まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

アーモンド、クルミ、ピスタチオなどのナッツ類は、比較的入手しやすく、

 

 

 

 

大量摂取は害になりますが、毎日少しずつ食事療法に加えると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーが脳や血管に良い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーに含まれる「カフェイン」「クロロゲン酸」が脳や血管に

 

 

 

 

良い影響を与え、心筋梗塞や脳卒中のなどの死亡リスクが低下すると

 

 

 

 

言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コーヒーにチョコレートやナッツ。

 

 

 

 

ブレイクタイムにも脳や血管に良いものをチョイスして

 

 

 

 

毎日の生活も楽しみながら健康なカラダ作りをしましょう!