一覧

  • HOME
  • 脳卒中専門鍼灸師が教える「体の五臓六腑」

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳卒中専門鍼灸師が教える「体の五臓六腑」

 

 

 

 

「肝心かなめ」「五臓六腑にしみわたる」

 

 

 

こんな言葉を耳にしたことがあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝心かなめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「肝心かなめ」は、「肝腎かなめ」とも書かれます。

 

 

 

非常に重要な物事の中でも、特に大事なものをさすという意味です。

 

 

 

 

 

 

 

このことからわかるように、肝臓・心臓・腎臓は、

 

 

 

体の中で特に大事なものと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五臓六腑にしみわたる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「五臓六腑にしみわたる」とは、

 

 

 

飲んだものなどが内臓全体ににしみこんでいくこと。

 

 

 

しみこんでいくように感じられるほど美味しいもの。

 

 

 

腹の底までしみとおることです。

 

 

 

 

 

 

 

では、五臓六腑とはなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五臓六腑とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋医学では人体の内臓器官を五臓六腑で表現します。

 

 

 

五臓は心・肺・脾・肝・腎

 

 

六腑は小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦

 

 

 

西洋医学の臓器名と似ていますが、示しているものは広く、

 

 

 

臓器の働きによって生じる、さまざまな現象も含んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五臓と六腑は互いに関連している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六腑は、飲食物から栄養を取り出します。

 

 

 

その栄養分や大気から取り込んだ「気」をもとにして、

 

 

 

五臓が「気」「血」「津液」「精」という生きていくうえで欠かせない

 

 

 

要素を作り、貯蔵します。

 

 

 

 

 

 

 

五臓と六腑は、密接に関連し、バランスを取り合っています。

 

 

 

心と小腸、肺と大腸、脾と胃、肝と胆、腎と膀胱は

 

 

 

それぞれ互いに対となっていて、

 

 

 

どちらかが病気になると片方に異常がおきやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

 

 

 

「気」は、生命活動のエネルギー源。

 

 

「血」は、血液中をめぐって栄養素を全身に運ぶ。

 

 

「津液」は、血以外の全ての水分。

 

 

「精」は、人体の活力源です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸を行うとき、五臓六腑が上手く働いているか?

 

 

 

ほかの臓器に悪影響をあたえてないか?ふまえて施術方法を考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、五臓六腑それぞれの役割はなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五臓(肝・心・脾・肺・腎)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝 - 全身の気の動きを調節する。

 

 

 

血をため、全身に送る血量を調節している。

 

 

 

感情を安定させる働きもある。

 

 

 

 

 

 

 

心 - 全身に血を送る。

 

 

 

精神や意識、思考を制御している。

 

 

 

 

 

 

 

 

脾 - 消化と吸収を制御し、吸収した栄養分を全身に送る。

 

 

 

水分の吸収と全身への輸送も行っている。

 

 

 

内臓を持ち上げたり、血が漏れるのを防ぐ。

 

 

 

 

 

 

 

肺 - 呼吸を行い、気をつくる。

 

 

 

気や津液を全身に上げて行きわたらせる機能と、押し下げる機能がある。

 

 

 

体内の水の動きも調整している。

 

 

 

 

 

 

 

腎 - 精をためている。

 

 

 

水分の貯蔵や分布、排泄を調節する。

 

 

 

気を肺から下げて腎におさめることでスムーズに呼吸ができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口から膀胱、肛門までが一本の管になっていると考えられています。

 

 

 

この管の部分が六腑で、小腸・大腸・胃・胆・膀胱・三焦をさします。

 

 

 

口から食物が入り、消化し、栄養分を吸収しながら、下におろしていき、

 

 

 

肛門と膀胱から外に出します。

 

 

 

三焦とは、全身の津液の通路で、臓器と臓器のすきまをさします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五臓六腑が異常をおこすと、そこと連絡したカラダの表面の部分に

 

 

 

特定の症状が現れると言われています。

 

 

 

特定の部位や穴に現れる症状から、五臓六腑の営みが正常か異常か

 

 

 

五臓六腑の健康状態が推測でき、鍼灸の施術方法を考えます。

 

 

 

 

 

 

どの五臓に問題が起き、脳梗塞や脳出血などの病気になったのか?

 

 

 

原因となる五臓は?

 

 

 

どの臓器を元気にさせればカラダに力がでてきてカラダの働きがよくなる?

 

 

 

病気とたたかえる?

 

 

 

 

 

 

 

 

カラダの変化や動きを見たり、表情や話し方を見たり聞いたり、

 

 

 

様々なカラダの情報を五臓六腑にあてはめて鍼灸を施す。

 

 

 

東洋医学の大きな特徴でもあります。