一覧

  • HOME
  • 「病は気から」の「気」って?気が不足すると脳卒中に?!

鍼やお灸について

鍼やお灸について

「病は気から」の「気」って?気が不足すると脳卒中に?!

 

 

 

「気」とは何?

 

 

 

目に見えない、形もない、なんのことを言ってるのか?

 

 

 

謎だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

「病は気から」といわれるように、

 

 

 

気が不足したり、うまく働かないとカラダに不調が出てきます。

 

 

 

活動力が低下し、疲れやすく、

 

 

 

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞など、様々な病気にかかりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気の正体とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋医学では「気が人体をつくり、生命活動を維持している」

 

 

 

と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

気は、あらゆるものをつくりだし、生命活動を維持する根源です。

 

 

 

人体の気は、腎中の精(精気)、水穀の精微(精気)、精気の

 

 

 

いずれかからつくられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腎中の精

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腎中の精とは、親から子へ受け継がれる生命の源。

 

 

 

「腎」に貯蔵されています。

 

 

 

人体の様々な器官や組織を作り出し成長させていくもととなります。

 

 

 

 

 

 

 

親から受け継いだ精(先天の精)が少ない子供は、

 

 

 

小児喘息や夜尿症など、成長期に影響が出る場合があるとされています。

 

 

 

 

 

 

 

親から受け継いだ先天の精は、体を作り成長させるために使われ

 

 

 

どんどん少なくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

それを補うのが、後天の精です。

 

 

 

 

 

 

 

後天の精は、自分で作り出します。

 

 

 

食べたり飲んだりしたものが、「脾」と「胃」の働きで、

 

 

 

消化吸収されて後天の精となり、「腎」に貯蔵されます。

 

 

 

 

 

 

 

精は必要に応じて各器官や組織に送り出されます。

 

 

 

精は、体を作るために使われたり、体を動かすのに利用されたり、

 

 

 

様々なことに使われます。

 

 

 

 

 

 

 

年齢を重ねるごとに精が少なくなるため体が老化します。

 

 

 

そして、精がつきると死に至るとされています。

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞や脳出血など病気になっている。

 

 

 

精が少なくなっている。「腎」が弱っている。

 

 

 

まずは腎を元気にさせる鍼灸治療をすべきか考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水穀の精微

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水穀の精微とは、

 

 

 

飲食物が「脾」と「胃」で消化吸収されてつくられた後天の精です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙のありとあらゆるところに気が存在し、

 

 

 

大気中のきれいな気(精気)を取り込み、

 

 

 

体内で使った気を吐き出すします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人体の気は、腎中の精(精気)水穀の精微、清気の

 

 

 

3つのいずれかからつくられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人体に分布する気は4つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人体の中の気は、存在する場所や働きで

 

 

 

元気・宗気・営気・衛気の4つに分けられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生命活動の基本となる気。

 

 

 

へその下あたりにある「腎」から全身にくまなく行きわたります。

 

 

 

元気が不足すると臓腑も組織も働きが悪くなり、

 

 

 

病気にかかりやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

親からもらった先天の精と、

 

 

 

「脾」と「胃」がつくる後天の精からつくられています。

 

 

 

 

 

 

 

元気が不足しているときは

 

 

 

「脾」と「胃」の鍼灸治療を取り入れるべきか考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宗気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸の中央付近に集められています。

 

 

 

肺の呼吸作用と心の血を循環させる機能があります。

 

 

 

 

体のさまざまな機能とも関係しています。

 

 

 

 

 

 

 

宗気は、肺に吸収された清気と水穀の精微から作られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栄養分が豊かな気。

 

 

 

血液中に存在し、血の流れによって全身を循環して、

 

 

 

栄養分を補給します。

 

 

 

水穀の精微から作られています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衛気

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身にくまなく分布しています。

 

 

 

また、体表面をおおって、

 

 

 

外から侵入しようとする邪気から、体を保護しています。

 

 

 

汗が出る穴を閉じたり開いたりして、体温を調節します。

 

 

 

衛気は水穀の精微から作られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血などの鍼灸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気とは、一言では説明が難しく、

 

 

 

気は、体をつくっている根源であり、体を動かしている源です。

 

 

 

気は、いろいろな形で体の中に存在します。

 

 

 

気が不足すると体の不調がでて、

 

 

 

それが続くと様々な病気になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、脳出血や脳梗塞など病気になってしまったのは

 

 

 

気が不足しているからだと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

どこの気が不足しているのか?

 

 

 

気が不足して円滑に機能していないところはどこか?考えます。

 

 

 

 

 

 

 

気を増やすには、どこに鍼灸をしたらいいのか?

 

 

 

どこを円滑に動かせば気が全身に行きわたるのか?

 

 

 

腎かな?脾かな?または、心?肺?肝?

 

 

 

 

 

 

 

体のありとあらゆるところ全てに気が過不足なく循環していて

 

 

 

円滑に機能するように。

 

 

 

東洋医学的では、このように考えて鍼灸治療を行います。