一覧

  • HOME
  • 脳卒中専門鍼灸師が教える!東洋医学と脳卒中の関係性とは?

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳卒中専門鍼灸師が教える!東洋医学と脳卒中の関係性とは?

 

 

 

鍼灸を行うとき、陰と陽を考えることがあります。

 

 

 

例えば、温かいところは陽、冷たいところは陰。

 

 

 

背中は陽、お腹は陰。カラダの外側は陽、内側は陰。

 

 

 

 

 

 

 

陰陽のバランスがとれていればカラダに問題はないとされています。

 

 

 

逆に陰陽のバランスが悪くなると

 

 

 

脳梗塞や脳出血のような病気やカラダの不調が出てきます。

 

 

 

その時は、陰陽のバランスが整うような鍼灸を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰と陽ってなに?脳卒中とどう関係する?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰と陽とは、世の中のあらゆるものを、

 

 

 

2つの性質に分けて、対立する関係とする概念です。

 

 

 

 

 

 

 

陰と陽は、統一体における変化を表現するときに使います。

 

 

 

 

 

 

 

統一体とは、東洋医学の大きな特徴で、

 

 

 

人と自然を統一体としてとらえる考え方です。

 

 

 

 

 

 

 

大きな統一体を宇宙と考えると、

 

 

 

人間も自然も宇宙を構成する1つの要素です。

 

 

 

 

 

 

 

 

人体内部の組織も、一つ一つ独立しているのではなく、

 

 

 

連絡しあい影響しあって、有機的な統一体となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中に関わらず人体も自然も同じ原則で動いている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

統一体であるから、

 

 

 

全体でみても、細かい要素一つ一つでみても、

 

 

 

同じ原則が働いています。

 

 

 

 

 

 

 

自然も人間も、さらに人体内部の組織も

 

 

 

同じ原則で動いていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

宇宙や自然は不動のものではなく、

 

 

 

常に変化を続ける流動的なものです。

 

 

 

季節は日々移り変わり、昼から夜、夜から昼へと移り変わる。

 

 

 

宇宙も人体内部も同じように変化していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中専門鍼灸師が考える!東洋医学の考え<陰と陽>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陽は明るい、熱い、活動的という性質で、

 

 

 

陰は暗い、冷たい、静かという性質です。

 

 

 

 

 

 

 

天、太陽、昼、外向き、運動、剛、上半身が陽で、

 

 

 

地、月、夜、内向き、静止、柔、下半身は陰です。

 

 

 

 

 

 

 

陰と陽は連続していて、

 

 

 

陽の中にも陰と陽。陰の中にも陽と陰が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰と陽は、どちらも変化しながら役割を交代します。

 

 

 

 

 

 

 

陽の勢いが極まれば、陽を抑制するように陰が強くなり始めます。

 

 

 

陰が極まれば、陽の勢いが強くなり始めます。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、太陽の光が明るい真昼は、陽が極まった時間帯。

 

 

午後になると日が沈み始めて陽の勢いが弱くなり、

 

 

反対に陰の勢いが増していきます。

 

 

 

夜中に陰が極まると、夜明けに向かって陰が弱くなり、

 

 

 

陽の勢いが増してきます。

 

 

 

 

 

 

 

陰と陽はどちらかに偏らないよう、バランスを取りながら変化しています。

 

 

 

 

 

 

 

人間の体も、自然と同じように陰と陽に支配されていると考えられています。

 

 

 

夏が近づけば、体の中の陽が強くなり過ぎないように発汗しやすくなる。

 

 

 

冬が近づけば、汗腺が閉じて内部のエネルギーを外に逃さないにして

 

 

 

陽が弱くなり過ぎないようにします。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、短期間で気温が大きく変動したり、冷夏や暖冬のような、

 

 

 

体が予測できない異常な環境になったときは、

 

 

 

体の陰陽の調節が間に合わず、病気になってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸でバランスを整え、脳卒中後遺症の改善へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は自然の中で生きています。

 

 

朝晩の変化、季節の移り変わり、影響され、同調できるように

 

 

内臓や皮膚、神経、血管などが働いて対応しています。

 

 

 

自然の陰陽の変化に伴い、人体内部の組織の陰陽も変化します。

 

 

 

 

 

 

 

健康な体は、陰と陽のバランスが取れています。

 

 

 

陰陽どちらかが多過ぎても少なすぎても調子が悪くなります。

 

 

 

陰陽のバランスが取れず極まってしまうと、極まったままだと、

 

 

 

脳梗塞や脳出血など、様々な病気になる可能性がでてきます。

 

 

 

 

 

 

 

陰陽のバランスを整えること、状況に合わせて陰陽が変化できる体になること

 

 

 

自然との関係をふまえて施術を行う鍼灸のやり方もあるのです。