一覧

  • HOME
  • はり灸や東洋医学の謎に迫る

鍼やお灸について

鍼やお灸について

はり灸や東洋医学の謎に迫る

 

 

 

ケンリハ脳卒中回復ステーションでは、

 

 

 

理学療法士と鍼灸師がタッグを組んで

 

 

 

リハビリに取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

体験プログラムを利用されるほとんどの方が、

 

 

 

今までに鍼灸をしたことがないとおっしゃられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸には、西洋医学に基づいた施術から東洋医学に基づいた施術、

 

 

 

様々な考え方があります。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、馴染みの少ない東洋医学の考え方について、

 

 

 

何回かに分けて、ご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアで生まれた東洋医学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋医学というと、

 

 

 

漢方薬や鍼、灸、按摩が思い浮かびます。

 

 

 

現在の日本では、古代の中国で誕生・発達した医学が

 

 

 

日本に伝えられ、風土に合わせて成立したもの。

 

 

 

独自に発達した医学を「東洋医学」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰と陽、虚と実、五行説など、

 

 

 

東洋医学での診断や治療に使われる哲学は

 

 

 

医療技術とは別に生まれてものです。

 

 

 

そのため、病状の解釈や診断や治療は独自のものとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国の北方で灸、西方で薬草、南方で鍼、

 

 

 

東方で砭石(石鍼)、中部で導引・按摩が発達しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボを温める灸は、寒さが厳しい中国の北部で発達し、

 

 

 

漢方薬は、植物の種類が豊富な南部やユーラシアの珍しい生薬が

 

 

 

運ばれてくる西部で発達したと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

海の近くでは、腐った魚や貝を食べ解毒をするために鍼が発達し、

 

 

 

富裕層には健康維持のための按摩が発達したと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年以上の歴史をもつ鍼灸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸治療は、前漢(紀元前202~後8年)存在していた

 

 

 

医書「黄帝内経」に詳しく方法が書かれています。

 

 

 

すでに、この時代に、経絡や経穴(ツボ)の概念と

 

 

 

灸と鍼の技術が確立されていたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本で独自に発達した東洋医学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本へは、4~5世紀に朝鮮半島を経て、

 

 

 

初めて中国伝統医学が伝えられました。

 

 

 

中国大陸との交流が盛んになると直接、医学を学べるようになり、

 

 

 

室町時代後半から日本独自の発達をとげ、

 

 

 

江戸時代には全盛期を迎えました。

 

 

 

 

 

 

 

明治以降はドイツ医学を正規の医学として採用したこともあり、

 

 

 

東洋医学はだんだん衰退していきました。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、昭和になってから

 

 

 

手軽に服用できるエキス剤や顆粒の漢方薬がつくられ、

 

 

 

普及したことがきっかけとなり、

 

 

 

再び、東洋医学が注目を集め始めました。

 

 

 

原因がはっきりしない症状や慢性的な症状に効果がある

 

 

 

ことが広く知られるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

最近では、テレビや雑誌にも鍼灸治療の不思議・効果・医学的根拠など

 

 

 

多くの話題が取り上げられています。

 

 

 

東洋医学の考えは、普段の生活にも取り入れることができます。

 

 

 

体調管理の一つとして活用できることを、また紹介しますね。