一覧

  • HOME
  • D様 脳梗塞/男性/発症後1年半/右片麻痺

利用者さんの声

利用者さんの声

D様 脳梗塞/男性/発症後1年半/右片麻痺

ご利用いただいている方にインタビューしてみました!

 

ご利用者様はD様(仮)とそのご家族の方です。ご協力ありがとうございます。

 

今回は60日間回復基本プログラム(16回コース)を受けてみた感想をお聞きしてみました。

 

 

氏名 D様(仮)
性別 男性
疾患 脳梗塞
症状 右片麻痺/失語症
発症からの期間 約1年半
利用プログラム 60日間回復基本プログラム
お住まい 愛知県
交通手段 自動車
利用状況 回復基本プログラム

(全16回コース)終了

 

アフターメンテナンスプラン

(週2回)利用中

 

 

 

 

 

リハビリが出来るところを求めてます

 

 

 

 

 

スタッフ「宜しくお願いします。それでは回復基本プログラム(16回コース)を終えてみて率直なご感想を教えてください。」

 

 

D様妻「実際始めるまでは『どんなものかなー』と、正直疑心暗鬼な部分がありました。でも、回数を重ねていくうちに『あ、いいな。』と思いだして、今では通いだした時と比べて使っている杖が変わったのがすごい嬉しくて、本当に来てよかったです。結局退院してからリハビリ出来るところって全くどこもなかったので・・・。まだ若いですし、少しでも良くなってほしいという思いが本当にありました。」

 

 

スタッフ「初めは四点杖を使っていましたよね。」

 

 

D様妻「はい。今は家の中でも一本杖で歩けるようになったので本当に良かったです。」

 

 

 

 

 

 

ご利用いただいた初回のD様。四点杖と足には後方支柱型短下肢装具があります。麻痺側の腕は弛緩しており、指先は固くなっていました。

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ「腕もここに通いだしたときはアームスリングも使っていましたよね。」

 

 

D様妻「もう使ってないですね。使わなくても対応できるやり方を教えてもらえてすごく良かったです。やっぱり見た目も大事ですからね。」

 

 

スタッフ「どんなところが良かったと思いますか。」

 

D様妻「退院してから杖とか装具のことを聞ける場所ってないんですよね。そういうことやたくさんのアドバイスなんかも教えて頂いて、麻痺のこととか体のことも知らないことばかりなのでそういうことを聞けるのはいいなと思いましたね。」

 

 

スタッフ「退院してしまうと本当に行き場所がなくなってしまいますよね。Dさんは年齢がお若いので特にそうかもしれません。」

 

 

 

入院中はたくさんの従事者が関わり、たくさんの話を聞くことが出来ます。しかしひとたび退院すると、D様のように今後のことについて話を聞くことがほとんどなくなってしまいます。杖や装具などは状態に応じて調整が必要なものもあります。

こんなときどうするの」「こうしたいんだけど、どうしたらいいか分からない」なんていうことになりかねないのです。

 

 

 

 

 


 

脳梗塞専門のリハビリ施設

 

 

 

 

 

スタッフ「普段、日中はデイサービスへ通っていますよね。デイサービスではどんなリハビリをやっていますか。」

 

 

D様妻「マシンを使ったトレーニングです。自転車漕ぎとか。あとはマッサージですかね。」

 

 

スタッフ「デイサービスのリハビリと当ステーションのリハビリではどのような違いがありますか。」

 

 

D様妻「デイサービスでは大勢いる中での一人なんです。その人その人で個別に合わせたものではなく、集団での体操だったりをしているので、お年寄り向けなのかなという感じがします。こっちは脳梗塞の専門で、後遺症から改善させるためにやってくれてるって感じがしますね。色々聞いたことでも、一つ一つちゃんと答えが返ってくるのも大きいですね。もうビシビシやって頂きたいです。」

 

 

 

 

デイサービスにはデイサービスの良さがたくさんあります。しかしD様はまだ若いこともありデイサービスのリハビリだけでは物足りなさを感じてしまいます。

症状も年齢も麻痺の程度も人によって様々です。個別性を重視したリハビリを提供してあげることが回復への近道です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

麻痺している手や足のトレーニングだけでなく、その手足を支えるための体幹もしっかり鍛えていく必要があります。

初めはバランスボールに乗るのもままならなかったのですが、今ではバランスボールに乗りながら手や足を動かすほど安定感が増してきました。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

やらずには諦めたくない!

 

 

 

 

 

スタッフ「当ステーションへ来たキッカケは何でしたか」

 

 

D様妻「退院したのがちょうど一年前の今頃なんですけど、そこからリハビリが全くなくなるのが腑に落ちなかったんです。通院リハビリも出来ないしこのまま放っとかれるのかと。※1

病院で言うじゃないですか、治る期間はここまででそれ以上は治らないって」※2。

 

 

 

 

※1:回復期リハビリ病院は疾患別で入院できる日数に上限があります。脳梗塞などの脳血管疾患では最大180日までの入院と決められています。

 

 

※2:脳卒中の回復には段階があります。発症後すぐが最も回復し、その回復の曲線はおよそ180日までで停滞すると言われています。これをプラトーといいます。しかし昨今の中枢神経系の研究などから回復するスピードは落ちても、発症からの期間に関係なくリハビリによる回復は認められてきています。そのような研究データや症例報告は世界中で多数報告が上がっています。我々も発症からの期間に関係なく回復する方を大勢みてきています。回復を諦めたらそれ以上は望めません。回復するスピードや量に個人差はあれど諦めなければ回復できるのです。現に手、足、言語などの回復速度はバラバラであり、180日と決められるものではないのです。

 

 

 

 

 

 

 

D様妻「それで退院して、このままあとはゆっくり落ちていくのを待っているだけかというのもそもそも納得していなかったんですけど、一先ずは家に帰って私たちの生活の安定を図りたかったいと思っていました。

一旦はそれでもいいかなと思っていたんですけど、やっぱり家に帰って寝る、TVみる、ご飯食べる、それ以外はデイサービスに行っているくらい。絶対運動不足だし、体力も落ちているとは思っていたんです。

それで時々どこかリハビリが出来るところがないかインターネットで調べてたんですよ、愛知県内で。そしたらケンリハが出てきました。

他にもありましたけど、電話で問い合わせしたらケンリハさんは土曜日もやっていて、平日も遅くまでやってるとのことだったので、それが来ようと思った一番の理由ですかね。あとはやっぱり鍼灸も試してみたいかなと。リハビリは病院でも見ていましたけど、鍼とかお灸は今まで受けたことも見たこともなかったんですが、やらずに諦めたくはなかったので。」

 

 

スタッフ「お仕事されている方ですと、なかなか昼間には来れませんよね。」

 

 

D様妻「そうなんです。そうじゃないと通えなかったので、それが大きいですね。」

 

 

 

 

 

 

ケンリハでは火曜日と金曜日は夜9時まで営業しています。ご利用者様がお仕事されているケースや付き添いのご家族の方がお仕事されているケースなどでも対応できますよう、夜でも営業しようと決めていました。私たちも回復を諦めてほしくないと思っています。様々な事情があることでしょう。出来るだけ皆様の利用しやすいような形で携われたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

さっきまでと体の感じが全然違う!

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ「鍼やお灸は初めてとのことでしたが。」

 

 

D様妻「はい。今まで受けたことも見たこともなかったので不安もありました。見ているだけだと中々分からないですし。そこで自分でも実際に受けてみて、やってもらった後はすごく頭が軽くて、『さっきまでと体の感じが全然違う』って思いました。見てるだけじゃなくて、自分で受けてみて効果が分かって良かったです。」

 

 

※当ステーションではご来訪いただいたご家族の方への鍼灸やマッサージも別途実施しております。

 

 

 

 

 

 

 

口の動き。喉の動き忘れてしまった感覚を思い出すために顔面や首の筋肉に鍼で刺激しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ「娘さんもいつもリハビリのお手伝いをしてくれますね。ここでのパパの頑張りはどう?」

 

 

D様娘「家にいるときよりも頑張ってると思う!」

 

 

D様妻「どうしても家ではなかなか動かないですから。」

 

 

 

 

 

 

 

娘さんに協力してもらいながら上肢のリハビリを受けている場面。娘さんが手伝ってくれるとD様のやる気も上がります!

いつもお手伝いありがとうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

力が入らない重たい足。鍼を正しい姿位でするために、いつもお手伝いしてくれます。

一生懸命お手伝いしてくれて、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

もっともっと歩けるようになりたい

 

 

 

 

 

 

スタッフ「最後に、今後の目標を教えて下さい。」

 

 

D様妻「杖が一本杖になりましたので、今度は装具なしでも歩けるようになってほしいですね。それか普通の靴が履けるくらいの軽い装具に変更できるくらいになってくれたらと思います。」

 

 

スタッフ「そうですね。次は装具ですね。これまでも角度や支柱の調整も行ってきましたが、もっと軽い装具に変えていきたいですね。」

 

 

D様妻「あとはもう少し車いすから離れられたらと思います。外では基本的に車いすなので。子供もいますので、公園の芝生なんかで歩けるようになったら嬉しいです。」

 

 

スタッフ「そうなると芝生に限らず、坂道や砂利道などの整備されていないところでも歩けるくらいになるように頑張りたいですね。」

 

 

D様妻「あとは手ももう少し動くようになるんじゃないかという期待もあります。今まで手のリハビリは一切やってきてなくて諦めていたんですけど、動きも出ているので・・・。そもそも動き出したのも、発症してだいぶ経ってからで入院中に指が少しぴくっと動きが出たくらいでしたから。少し何かの支えとか補助になるくらい動いてくれたらと思います。」

 

 

スタッフ「それを思うと少しづつですが手も上がるようになってきましたね。力も出るようになってきています。」

 

手のリハビリは手の回復だけが目的ではありません。足や体ともつながっていますし、手の位置や感覚は歩きや生活の中でもとても重要な役割をもっていますので麻痺の程度に関係なくリハビリを行います。

 

 

 

 

 

 

 

D様娘「パパ、がんばってね!」

 

 

D様「キツイこともありますが、このまま頑張りたいです。」

 

 

スタッフ「一緒に頑張りましょう!本日はご協力ありがとうございました。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

担当理学療法士からコメント

 

 

ケンリハに初めてお越しいただいたときの歩き方は、麻痺側へ全く体重をかけずに歩いていました。麻痺側はほとんど使わず、健側はそれを補うべく過剰に頑張りすぎているようでした。

不使用でも、過剰に力が入りすぎてしまっても、体はかたくなってしまいます。体がかたいと様々な生活動作の制限となり、また痛みや拘縮の原因にもなってしまいます。

麻痺側の運動や神経強化の前に、必ず柔軟性を引き出す必要があります。それによってはじめて体を動かす神経が働いて、脳が思い出してくれるからです。

地道に続けてきたからこそ、麻痺側への体重のかけ方も出来るようになって、杖も一本杖になりましたね。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

担当鍼灸師からコメント

 

 

いつもご家族で遠いところまでお越しいただき、ありがとうございます。

娘様や奥様のパパ頑張っての応援が、ご本人によく伝わっているとなと毎回思います。

麻痺して思うように動かない。力が入らない。それを一生懸命動かそうと全身の力で、ご家族の気持ちにこたえようとしている姿は、私たちスタッフにも力をくれます。

杖が変わって、歩く姿勢リズムも良くなってきています。ご家族みんなで公園に行けるように、私たちスタッフも頑張ります!

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

快く引き受けていただいたD様とそのご家族様に心より感謝申し上げます。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このブログを読んで興味を持って頂いた方

 

気にはなっていたが一歩踏み出す勇気がなかった方

 

 

無料にてカウンセリングを開催しております。

 

特別体験プログラムは本利用時さながらの鍼灸施術とリハビリを受けることができます。

 

 

いつでもご連絡お待ちしております。ご気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

お電話でのお問合せ

 

⇒052-433-3302

 

 

 

メールでのお問合せ

 

⇒お問合せフォーム

 

 

 

特別体験プログラムを申し込む

 

特別体験プログラム申込みフォーム

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

他のご利用者様のインタビュー記事はコチラ

 

E様 脳梗塞/女性/発症後3年/左片麻痺

 

C様 脳梗塞/男性/発症後半年/右片麻痺

 

A様 脳出血/女性/発症後半年/左片麻痺