一覧

  • HOME
  • 脳の仕事

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳の仕事

こんにちは、今日は基本的な脳の解剖生理学的な事を書きます。

脳の機能を知る事はとても大事です。

脳梗塞リハビリにつながる知識になると思います。

 

リハビリテーションにおける障害の理解に不可欠な神経系の基本構造と機能について、最近の神経生理学的な事実も踏まえつつ書いていきます。

中枢神経系は脳と脊髄にわけられます。

脳は大脳、間脳、中脳、橋、小脳、延髄、があります。

脊髄は、成人では第1腰椎の高さで脊髄円錐となって終わります。

中枢神経系の外を走る神経は末梢神経とよばれます。

この中枢神経も、末梢神経も神経細胞が集まった集合体といえます。

 

神経幹細胞は、神経前駆細胞とグリア前駆細胞へ分化し、前者は神経細胞へ、後者は星状膠細胞と乏突起細胞に分化します。

出生後の神経幹細胞は脳室側端にある神経上皮と考えられています。

脳の形成は神経幹菅の脳室側で神経上皮細胞が分裂を繰り返し、脳表にあたる軟膜側へ移動し、発生中の最終分裂を終えた神経細胞は機能的に関連のある細胞同士が集合し階層構造や神経核を形成する為に移動します。

この神経細胞の移動の異常は、てんかんや知的障害(精神遅滞)、運動失調などの原因となります。

中枢神経系の組織的な発達と機能的な発達は表裏一体の関係にあります。

基本的な運動や感覚、認知機能の発達は出生前の羊水の中での無重力状態での運動で始まり、出生後の重力化での運動、母親などからの刺激を通じて、多様な情報処理を形成していく過程であります。

これらは刺激を受け、情報処理、認知、意思決定、行動の形で特異的な情報処理の神経回路が強化されていく過程です。

この過程において、遺伝的な情報にお基ずく組織や機能の変化と、使用頻度に依存する組織や機能の変化によって、大脳では機能局在とその間の神経路が形成強化されていきます。

ヒトの中枢神経の神経細胞や、神経細胞が軸索を伸ばしたり、シナプスを形成する能力は、加齢に伴って低下します。しかし、変性疾患の場合を除いては、高齢になっても新たな学習あるいは記憶が可能であることから、神経路の形成強化は年齢に関係なく可能です。

加齢による運動能力や記憶力の低下の背景には、神経細胞数や神経突起数、シナプス数の減少があります。

人の脳は80歳までに重量や、体積の10%を失います。

加齢によって多くの神経細胞が脱落すると考えられていましたが、新皮質における神経細胞の脱落は20~90歳の間で10%程度とされています。神経細胞の加齢による変化は老人斑と神経原線維変化に代表され、アルツハイマー病ではそれらの増加が著しく、神経細胞の脱落が大きいです。

 

引き続き記事を書いていきます。